浮気調査> 愛人の存在・不倫の結末

愛人の存在とは

現在までに愛人関係でお悩みの方からのご相談は一ヶ月間に弊社だけでも平均200件を超えております。この現代社会不倫や浮気は絶対になくなりません。愛人には様々なタイプがいるのですが、もっとも多いと思われるタイプは男性も女性もお互いが本気ではないという不倫関係が 多いようにい見受けられます。ではなぜその様な不倫関係が生まれるのでしょうか?男性、女性どちらかに家庭があるわけですが、家庭を持ってる人間はどこか異性に対して余裕が生まれます。スポーツでも同じ事がいえると思いますが、少し力を抜いてリラックス状態にあるほうが人間物事がうまく進む物です。その様なことも恐らく関係して異性との付き合い方が良くなっていくのです。

W不倫の場合ではなおさらその力が強まり、大人の恋愛ままごととのようにお互いが割り切ったどこか余裕のあるそして刺激もある当事者が楽しいと思える関係が生まれてしまいます。しかし、こういった不倫関係はそう長くは続きません。どちらかの家庭に支障がきたし出した場合など恐らく家庭の維持に力をいれるようになり、基本的には家庭の大切さに気づかされます。 人によっては夫や妻よりも愛人を選択したがるタイプもいます。つまり愛人という存在は、入り口は心の余裕から、そして男女の関係を続けていくうちに本気か遊びかに別れます。

不倫の結末は・・

では不倫関係はどのようにして終わるのでしょうか。まず家庭崩壊を恐れ不倫を止めるタイプがあります。不倫関係を続けいている最中はもちろんその時の楽しさを優先し、後の事は考えずに行動します。しかし、何かがきっかけで家庭が崩壊する可能性が出た場合、愛人よりも夫や妻を選択し、愛人と別れ元の生活に戻ろうとします。

この場合には不倫関係が知られてから修復を目指すタイプと不倫関係が知られる前に自分から愛人から手を引き不倫関係を終えるタイプがあります。

不倫されていた方にとっての最悪の結末

夫や妻が不倫をしていた場合、お子様の有無でも変わってきますが、不倫関係を知っても婚姻関係を維持するタイプと離婚を選択するタイプに分かれます。不倫関係を知らずに別れを告げられるタイプが最も最悪と考えます。

突然夫や妻から何かしらの理由を付けられ別れを迫られる、このタイプは不倫していた側が家庭ではなく愛人を選択したという結論になります。遊びが本気になり家庭を捨て愛人に走る、このタイプが最も最悪の結末を与えてくれます。

フリーダムではこのような不倫問題にも対応しております。浮気調査で事実を確認した後、「不倫関係の2人を別れさせる」のか、「夫や妻に自身の元へ戻ってもらう」のか、選択が可能です。 詳しくは「別れさせ工作・復縁工作」をご覧下さい。

浮気調査のフリーダム

業界トップクラスの調査力の理由とは?

浮気相談 恋愛FREEDOM

相談フォームでのお問い合わせ

浮気調査 専門HPです。

FREEDOMでは探偵業務全般を取扱っております。詳しくはお電話でご確認下さい。

浮気調査をご依頼する際は探偵社が信用できるかどうかを慎重にご判断下さい。

浮気調査のフリーダムでは365日24時間、プロの担当者がご相談を承っております。

当サイトでは浮気調査 東京表記ですが、全国でも調査可能です。